棋友会

棋友会は会員相互の棋力向上と親睦信頼を深め、会員の増員を目標としています。

  1. 月例会を日比谷・帝劇地下の東京六甲クラブを例会場として、毎月1回(8月・1月は合宿)通常は第四火曜日の13時~17時に開催しています。
    プロ棋士によるお稽古将棋や全員参加で初級者もハンデ戦で対局し優勝のチャンスがある大会を行っています。
  2. 年2回(8月と1月)は温泉に浸かり心ゆくまで将棋を指し宴に興じる合宿があります。
  3. 新規会員の勧誘PRに毎月、懇話会の「行事案内」に“解けてうれしい詰将棋”を掲載中です。
  4. 初級者の教材にパズル感覚で楽しめる、「解けてうれしい詰将棋」一手詰みから学習できる詰将棋の小冊子(「孫に将棋を伝える会」発刊)を年4冊配布しています。
  5. 社会人将棋大会に参戦が適うようチェスクロックで猛勉強です。
  6. かわいいお孫さんとのコミュニケーション、近隣地域で新しいお仲間との楽しいお付き合いのきっかけになるでしょう。
  7. 随時入会者募集中。月例会の開催日に会場にお出かけ下さい。大歓迎です。
    お問い合わせは監査懇話会事務局までご連絡頂ければ、改めて、棋友会担当者がご連絡致します。

活動計画は「行事案内 PDF」でご確認ください。

第2回 監査懇話会 将棋大会

【趣 旨】

第1回大会は猛暑のなか激戦の末、一般参加者や新入会員に上位を独占された棋友会員は名誉挽回と必勝態勢で第2回将棋大会を待ち望んでおりました。
プロ将棋界ではA I の飛躍的な進歩とスーパースター藤井聡太七段の出現が若手棋士を奮起させ、8大タイトルの覇者は多くの若手棋士が占める戦国モードに突入しました。
一方、9月に上映された松田龍平主演の「泣き虫しよったんの奇跡」はプロへの厳しく細い道を駆け抜けたプロ棋士、瀬川晶司五段(現在48歳)の自伝に、同じ夢に向かいながら挫折した豊田利晃監督(49歳)が共感して映画化、きっとプロ棋士の強さの真髄が見れますね。
35歳で異例のプロ再挑戦を果たした瀬川五段がタイトル戦に名乗りを上げる時を楽しみに監査懇話会の皆様と将棋大会に参戦し趣味の将棋を1日楽しみましょう。
◎参加の有無に関わらず、ご不明なところは監査懇話会事務局(info@kansakonwakai.com)宛てお問合せ下さい。

【日 時】 平成30年11月4日(日曜日) 13時~17時

【場 所】 文京区民センター 2階 2-B 会議室 (電話 03-3814-6731)

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
JR水道橋駅東口徒歩15分

【参加費】1,500円 お茶付
【後夜祭】2,500円程度 (自由参加です。)17時~19時 文京シビックセンター25階 椿山荘

【参加資格】 監査懇話会 会員・会友に限る。

【申 込】10月28日(日) 締切

会員・会友の方で参加ご希望の方は監査懇話会事務局(info@kansakonwakai.com)へお申し込みください。

【対戦方法】トーナメント方式 ハンデ戦

1局 30分程度 時計使用 持ち時間 各10分(その後30秒×3回の考慮時間あり)
敗者復活戦や敗者戦もあります。
一般の方は時計に不慣れなので、棋友会員が配慮する。
棋友会メンバーの棋力はアマチュア5級~初段程度です。

対戦数 参加者全員参加 4局、5局の対局になります。

【ルール】 助言禁止

待った、2歩、打ち歩詰は負け
(棋友会員は即敗け、一般の方は時計を押さなければ変更OK)

【賞 品】 優勝 1名、2位 1名、3位 1名、、4位 1名、5位入賞 3~4名 (優勝~4位の方には図書券贈呈)

 以上