講演会の実績

過去に実施した講演会を掲載しています。

◎会員・会友の皆様へ

会員・会友の方は「☆資料」と「★資料」を付した講演会の資料・レジュメをご覧になれます。
また、「※會報」各号で講演会の概要をご覧いただけます。
会員・会友ログイン後、ご覧ください。

こちらから会員・会友ログインを行って下さい。

◎会員・会友以外の皆様へ

「☆資料」を付した講演会の資料・レジュメをご覧いただけます。

2020年度

【第772回 講演会】

日時 : 2020年11月24日
演題 :

「院政」からみる天皇制の存続と天皇家の継承

講師 : 本郷 恵子氏

【第771回 講演会】

日時 : 2020年10月29日
演題 :

「地球と共存する経営」

~平成の『敗北と挫折』、そして令和の『コロナショック』から、立ち上がる
講師 : 三菱ケミカルホールディングス会長 小林 喜光氏

【第770回 講演会】

日時 : 2020年9月18日
演題 : おしゃれ嫌い〜私たちがユニクロを選ぶ本当の理由
講師 : 甲南女子大学教授 米澤  泉氏
概要 : ★會報No.626 2020年11月号PDF

【第769回 講演会】

日時 : 2020年8月31日
演題 : 戦国の知将 明智光秀の謎
講師 : 静岡大学名誉教授 小和田哲男氏
概要 : ★會報No.626 2020年11月号PDF

【第768回 講演会】

日時 : 2020年7月3日
演題 : トランプvs.バイデン 異例の「戦時」大統領選挙
講師 : 慶応大学教授 渡辺  靖氏
概要 : ★會報No.624 2020年9月号PDF

【第×××回 講演会】

日時 : 2020年6月予定
演題 : 東京五輪延期の真相と開催の課題
講師 : スポーツニッポン新聞特別編集委員 藤山 健二氏
概要 : ★會報No.623 2020年8月号PDF

2019年度

【第767回 講演会】

日時 :

2020年2月19日

演題 : 日本政治の展望~どこへ向かう安倍政権~
講師 : 日本経済新聞論説フェロー 芹川 洋一氏
概要 : ★會報No.619 2020年4月号PDF

【第766回 講演会】

日時 :

2020年1月21日

演題 : 2020年の経済動向~東京五輪を迎えて~
講師 : 第一生命経済研究所(株)首席エコノミスト 熊野英生氏
資料 : ★2020年の経済動向~東京五輪を迎えて~PDF
概要 : ★會報No.618 2020年3月号PDF

【第765回 講演会】

日時 : 2019年12月4日
演題 : AI時代に必要な21世紀の学びの在り方と踏み出す勇気の大切さ
講師 : コスモボックス(株)代表取締役、映画監督 古新 舜氏
概要 : ★會報No.617 2020年2月号PDF

【第764回 講演会】

日時 : 2019年11月13日
演題 :

科学的根拠に基づく 健康長寿新ガイドライン 健康長寿実現のために

講師 : 東京都健康長寿医療センター研究所 副所長 新開 省二氏
概要 : ★會報No.616 2020年1月号PDF

【第763回 講演会】

日時 : 2019年10月30日
演題 : 仮想通貨からブロックチェーンへ
講師 : 麗沢大学経済学部教授、経済学博士 中島 真志氏
概要 : ★會報No.615 2019年12月号PDF

【第762回 講演会】

日時 : 2019年9月3日
演題 : 米中貿易戦争の深層~その内実と今後の動向
講師 : 拓殖大教授 富坂 聡氏
概要 : ★ 會報No.614 2019年11月号PDF

【第761回 講演会】

日時 : 2019年7月24日
演題 : 新しい江戸のイメージ~封建制からアーリーモダンへ
講師 : 東京学芸大特任教授 同大名誉教授 大石 学氏
資料 : ★新しい江戸のイメージ~封建制からアーリーモダンへPDF
概要 : ★ 會報No.612 2019年9月号PDF

 

【第760回 講演会】

日時 : 2019年6月7日
演題 : 昭和~平成~令和へ 日本のスポーツは何が変わるのか
講師 : ノンフィクション作家 長田 渚左氏
概要 : ★ 會報No.611 2019年8月号PDF

【第759回 講演会】

日時 : 2019年5月23日
演題 : 平成後の日本外交、経済、民主主義の行方~世界の構造変化の中で
講師 : 日本総研会長 寺島 実郎氏
概要 : ★ 會報No.610 2019年7月号PDF

【第758回 講演会】

日時 : 2019年4月4日
演題 :

メディアにおける調査報道とその成果

講師 : 朝日新聞編集委員 奥山 俊宏氏

 

アーカイブ(バックナンバー)

  →平成30 (2018) 年度

  →平成29 (2017) 年度

→平成28 (2016) 年度

→平成27 (2015) 年度