監査実務研究会

監査実務研究会は、現職監査役等の監査機能向上を最大の目的とし、「旬のテーマ」を取上げて、教科書・参考書にない監査役等の実体験をぶつけ合いながら、問題点の深堀りを行うことを目指して運営を行っています。

監査実務を掘り下げ、本音の議論を引き出すために、問題提起を実施の後、参加者がオフレコで自由に議論を深める討論主体の研究会です。

→監査実務研究会の今後の予定

→監査実務研究会の実績

 

監査実務研究会の今後の予定

〇 本講座への参加は会員・会友に限定しています。詳細は「行事案内 PDF」でご確認ください。

【監査実務研究会】

7月以降の予定

延期されている下記研究会を7月以降順次開催予定。

集合行事が実施できない場合は、6月と同様に文書方式か録画方式で行なう。基本は報告者の希望。

 

テーマ                    問題提起者  コーディネータ

最近の企業不祥事における監査役の役割        小林 正一  丸山 景資

監査役等を巡る諸課題~監査役は機能しているのか~  太田 順司  吉田 郁夫

関電事件を考える(監査役の責任・独立性)      板垣 隆夫  古川 孝宏  

以上、決定次第内容を掲載致します。