研修見学会

研修見学会は、他企業等の優れたところを学び教養を高める目的で行っています。
毎回参加者を募集して、個人では見学が困難な企業や各分野の先端企業及び公的機関等の見学を行います。

→研修見学会の今後の予定

→研修見学会の実績

 

研修見学会の今後の予定

〇 研修見学会への参加は会員・会友に限定しています。詳細は「行事案内 PDF」でご確認ください。

【第92回 特別研修見学会】

「新潟県中越を巡る」

日時 :

9月6日(月)~7日(火)

集合 :

7時40分 東京駅八重洲鍜治橋駐車場

(時間厳守でお願いします)

出発 :

7時45分

帰着 :

7日(火)18時頃 新宿駅を予定

定員 :

25名

・徹底したコロナ対策のうえさらに安全を期するため原則としてワクチン接種者に限定

・応募者が15人未満の場合は中止

会費 :

25,000円

(参加者へ次号の行事案内に、会費請求書と郵便払込用紙を同封します)

宿泊 :

蓬平温泉和泉屋 TEL0258-23-2231

創業150年、中越地震後再建した老舗の旅館、玄関の見事な錦鯉は必見

申込 :

7月12日(月)~26日(月)、事務局へ電話でお申し込みください。

📞03-5684-3323

行程 :
  • 第一日目

1)ラ・ファミーユ中角

9月6日昼食。徹底した地場産食材にこだわった料理を提供する「おかあさん100選の宿」

2)雲洞庵

参道を踏みしめるとご利益があると言われる苔むす古刹、越後一の禅寺。上杉景勝とその家臣直江兼続が幼少期共に勉学した寺として有名。写真愛好家にはお勧めの撮影スポット

3)旧山古志村

2004年10月中越地震で3年間全村避難した村(現在は長岡市に合併)

・中山隧道 日本一長い手掘りのトンネル(877m)

・郷見庵(さとみあん) 地場産品のお土産屋。水没した家から逃れ、長岡の仮設住宅に住み震災後の復興を支えてきたおかみさんから貴重な体験談をお聴きします。

4)お福酒造

地酒の蔵元。日本で初めて「乳酸添加応用」した酒造メーカー、中越地震で被害を受けたが復興。生産量が少なく関東ではほとんど入手出来ない。250年前の古民家も見どころ

 

  • 第二日目

1)燕市産業史料館(矢立煙管館)

燕市は金属洋食器で有名な都市。江戸時代初期の和釘作りから現在までの地場産業の歴史を学ぶ。

2)藤次郎オープンファクトリー

見学可能な数少ない刃物工場。1本ずつ手作りの高級包丁を製造販売している。全工程が見学出来る。4~5割は輸出とのこと。職人技伝承に苦労している企業の現状は勉強になる。

3)信濃川大河津資料館

信濃川下流で分水工事を行い、潟・沼地だったこの地を実り豊かな米どころにした。その長い治水の歴史を学ぶ。展望台からは信濃平野が一望出来る。一見の価値あり。

4)長岡小嶋屋

創業120年、「布海苔」をつなぎとしたへぎそばの元祖、9月7日の昼食場所