監査実務研究会の実績

過去に実施した監査実務研究会を掲載しています。

◎会員・会友の皆様へ

会員・会友の方は、「★資料」を付した監査実務研究会の資料・レジュメをご覧になれます。
会員・会友ログイン後、ご覧ください。

こちらから会員・会友ログインを行って下さい。

2022年度

第268回 監査実務研究会 特別セミナー】

日時 : 2022年12月7日
テーマ:

有事における対応について

問題提起者:

元天馬㈱     社外取締役監査等委員 北野 治郎氏

コーディネーター:

日本海洋石油資源開発㈱ 常勤監査役 下村 恒一氏

開催形式:

会場にて聴講(リアル)とオンライン(Zoom)併用

第267回 監査実務研究会】

日時 : 2022年11月18日
テーマ:

先進的な監査役会活動から学ぶ~監査役の選任・報酬決定プロセスにおける先進事例

問題提起者:

㈱リコー          常勤監査役  辻 和浩氏

トレンドマイクロ㈱     常勤監査役  千歩 優氏

コーディネーター:

日本海洋石油資源開発㈱常勤監査役 下村 恒一氏

開催形式:

会場にて聴講(リアル)とオンライン(Zoom)併用

第266回 監査実務研究会】

日時 : 2022年10月28日
テーマ:

株主代表訴訟判決の事実認定を紐解く ~東京電力株主代表訴訟判決を題材にして~

問題提起者: 弁護士                   市川 加代子氏
コーディネーター:

元三菱電機システムサービス㈱ 常勤監査役 菊谷 純氏

開催形式:

会場にて聴講(リアル)とオンライン(Zoom)併用

資料 :

報告レジュメ  PDF

第265回 監査実務研究会】

日時 : 2022年9月28日
テーマ:

監査役の内部監査部門、会計監査人及び財務報告に係る内部統制との関わりについて

問題提起者: 元㈱ロジネットジャパン 常勤監査役   西川 健氏
コーディネーター:

元日本オキシラン㈱     常勤監査役  板垣 隆夫氏

開催形式:

会場にて聴講(リアル)とオンライン(Zoom)併用

資料 :

★資料をご希望の方は、西川健様に直接ご請求願います。

第264回 監査実務研究会】

日時 : 2022年7月26日
テーマ:

KAMについて

問題提起者: 日本海洋石油資源開発㈱ 常勤監査役 下村 恒一氏
コーディネーター:

㈱ニレコ     取締役監査等委員 中井 淳夫氏

開催形式:

オンライン(Zoom)

資料 :

資料「監査上の主要な検討事項(KAM)について」 PDF

第263回 監査実務研究会・特別セミナー】

日時 : 2022年7月6日
テーマ:

「解任された一人監査役による増額報酬等請求事件」の経緯と監査役の思い

講師 :

 元千葉日産自動車販売㈱常勤監査役 石川 雅之氏

コーディネーター:

元㈱トライアイズ    常勤監査役 古川 孝宏氏

元日本オキシラン㈱   常勤監査役 板垣 隆夫氏

開催形式:

会場にて聴講(リアル)とオンライン(Zoom)の併用

資料 :

レジュメ「第263 回 監査実務研究会・特別セミナー」 PDF

資料1.3.4.6.9.10.11 PDF

第262回 監査実務研究会】

日時 : 2022年6月15日
テーマ:

働き方改革とウェルビーイング

問題提起者:

元三菱電機システムサービス㈱                   常勤監査役 菊谷 純氏

コーディネーター:

J-POWERテレコミュニケーションサービス㈱常勤監査役 小川 重光氏

開催形式:

オンライン(Zoom)のみ

資料 :

本文「働き方改革とウェルビーイング」 PDF

参考資料1 PDF

参考資料2 PDF

第261回 監査実務研究会】

日時 : 2022年5月27日
テーマ:

会社のあり様に応じた監査役の実務の実際 ~現役監査役との対話を通して~

問題提起者:

キオクシアホールディングス㈱ 常勤監査役 森田 功氏

コーディネーター:

 元リーフラス㈱           監査役 森川 英治氏

開催形式:

会場とオンライン(Zoom)の併用

資料 :

森田氏資料「会社のあり様に応じた監査役の実務の実際 ~現役監査役との対話を通して~」 PDF

第260回 監査実務研究会】

日時 : 2022年4月27日
テーマ:

安全マネジメント

問題提起者:

 ㈱王子機能材事業推進センター 監査役 山田 諭氏

元日本オキシラン㈱     常勤監査役 板垣 隆夫氏

開催形式:

オンライン(Zoom)のみ

 

アーカイブ(バックナンバー)

    →2021 年度 

    →2020 年度

  →2019 年度

  →平成30 (2018) 年度

  →平成29 (2017) 年度

→平成28 (2016) 年度

→平成27 (2015) 年度